三井ダイレクト損保 評判

三井ダイレクト損保の評判と評価 保険料重視派にはオススメ

 

フィットとワゴンRの場合

 

三井ダイレクト損保の評判:保険料は安い部類に入ります。5段階中「4」を評価。ただし、人件費削減により保険料に還元しているせいもあってか、口コミでは事故対応(電話やメールでの応対)に若干の不安があるユーザーもいるのも事実。

 

やはり、保険料が安いなりにはそれなりの理由(デメリット)もあるということを私たちは認識しておかなければなりません。悪いことだけではありません。料金の安さに見合わない、ロードサービス力も評価されています。
キー閉じ込み無料や、事故時のレッカーサービス30キロ未満は無料などはいざというときに安心できたという声も多いです。

 

→損保ジャパンと比較・・・フィットなら59,380円(-12,920円)  ワゴンRなら51,160円(-13,530円)
ソニー損保と比較・・・フィットなら50,600円(-3,190円)  ワゴンRなら42,320円(-4,690円)

 

チェック実際に、三井ダイレクト損保を含めて「希望の補償内容」を入力し比較してみましょう!

 

カチッ少しでも保険料を抑えたい方向け!他社との差額を一括見積もりツールでチェック

 

都内30歳13等級G免許あり 本人限定・日常レジャー 年間8000キロ未満 対人対物無制限・人身傷害5000万 無保険車2億円 自損事故1500万 車両保険:一般


 

三井ダイレクト損保

管理人の感想

 

三井ダイレクト損保

 

三井ダイレクトは、初心者にはあまり向いていません。通販型の見直しや乗り換えで、「SBI損保→三井ダイレクト→SBI損保→三井ダイレクト」というように、キャンペーンや利用しながら賢く節約したい人に一番向いています。母体も、三井住友グループなので、安心感もあります。


評判と評価の分析レーダーチャート

特徴としては、免許の色や走行距離に関係なく、保険料が安くなることはメリットになります。搭乗者傷害保険の特約が充実しているのも、他社にはない強みです。

三井ダイレクト損保は、車両保険を重要視する人にも向いてはいない

免許の色や走行距離は関係なく、平均的に毎月の出費を抑えることの出来る三井ダイレクト。

 

その反面、車両保険のかけられる金額は、他社に比べて低いです。

 

例えば上記フィットの場合、他社が175万に対し三井ダイレクトは140万ほどです。逆に言えば、チューリッヒのように等級プロテクトはありませんが、車両保険を一度使っても、チューリッヒの保険料よりも安い場合もあるので、考えようかもしれません。

 

 

三井ダイレクト損保で特徴のある特約

独自の特約が多いです

搭乗者傷害Wケア

搭乗顔面部等倍額特約

搭乗死亡等対象外特約

 

三井ダイレクト損保は、乗り換え・見直しをする中級者以上におすすめです!

JAFに加入していても、ココ数年使っていない人や、「事故を起こしておらず等級が上がったにもかかわらず、次の保険料が値上がりになった!」方にオススメです。

 

 

おすすめのサイト


 

最大20社です

 

 

 

自動車保険比較ランキング

姉妹サイトのご紹介

30代にオススメな選び方・・・車の任意保険を、30代におすすめな選び方を紹介